こんばんは。小熊です。

先日から激しく体調を壊し、いよいよ死ぬのか!と思ったほどでした。
病院へ3つ行くも結局よくわからず、
その中の1つでは、環境の変化によるストレスではと言われました。
恐らく具合が悪すぎて言葉を発せなかったことから鬱だと思われたのでしょう。。
気持ちは元気ですw
そう、ストレスがどうこうは置いておいて、私事ですが、代理店~本社でいうと4年間勤めた会社をついに!退社いたしました。
自分で決めたことなのですが、なんとも寂しいです…今となっては忙殺され激しい喜怒哀楽の毎日が恋しくさえ思えます。。
こんなに惜しんでくれる会社はもうないんじゃないかとか、こんなわたしを受け入れてくれる人々はもういないんじゃないかとか、おもうことはいろいろあります。
が、わたしは悟りをひらいたのでやめることを決意せざるえませんでした。
でも、やめたからわかることですが、
自分のように、我が強くて人の言うことも聞けない、おまけに人見知りで神経質、そんなわたしを受け入れてくれ、見守ってくれ、好きなようにやらせてくれた会社に出会えたことを心から感謝しています。
環境と自分が一致していればこんなに力が発揮できるのだと思いました。あと足りなかったのは興味かな…
でも、やはり、ひとには自分を最大限に発揮できる場所というのが必ずどこかにあると思っていて、そういう、誰もがキラキラした場所にたどり着けるお手伝いをできるのがキャリアカウンセラーだとおもっています!!!
これも、わたしがキャリアカウンセラーを学んでる1つの理由です。
ひとには誰も輝ける場所、輝けない場所ってどうしてもあるとおもっていて、
厳しいこと言う人は、求められたいなら求められるような働きをしろというのでしょうが、やるべきことをやることは大前提に、勿論価値観も大切に、
自分の居場所というのは必要としてほしいではなく、必要とされる場所、なんじゃないかなと、わたしはおもうのです。
そうでなければわたしはすぐに去ります。短気なのでやってられないのです…
今回の退職は自分の中でやりきった感のある前向きな退職で、本当に本当にみなさんに感謝しています。
話しはもどると、家族、職場、友人、いろんなコミュニティがありますが、生きる時間の大半をすごす職場で自分の存在価値をかんじられないなんて、あまりにも悲しいと思います。
感じようとすれば感じられるならそれはそれでいいとおもいますが、
感じようとわざわざしないといけないくらいならそれもどうかなともおもいます。
学校、家族、そういったものはなかなか自分で選択できないコミュニティだったかもしれませんが、職場というのは自分が選ぶことができます。
誰もが輝ける最高の場所に出会ってほしいなと思います!
まぁ、わたしも今はひとのこといってられないのです。。
新たなスタートはいつも胃が痛い
…頑張りますw
春ですね。
春