牛も自由に生きたいYo!
牛も自由に生きたいYo!

先日、とあるキャリア関係の集まりがあった際「昔の自分に伝えたいこと」というテーマで発表する機会がありました。

そうそう、黒歴史だらけの私の中では伝えたいことが山ほどあるよぉぉぉぉぉぉぉーーー( `Д´)ノ
ってなわけで、就活生のみんなに伝えたい、あのとき知っておけば良かったということをお伝えしまーーーす!!
みんなあたしのようにはならないでぇぇぇぇぇぇーーーーー ゚(゚ノ´Д`゚)ノ゚。 ウワーン

①学歴のこと

日本って理不尽な社会。いや、人間って理不尽な生き物です。
国立大や私立のランクでエントリーシート足切りしてるってみんな知ってた???
今自分がいる大学が社会でどの位置で見られているか確認しようね!!
東洋経済とかプレジデントとかっていうビジネス誌でたまにランキング載ってるよ!!(笑)
→ビジネス誌は読むとおもろいよ!!

もし今いる自分の大学が低いランクだったら書類を読むまでもなく、捨てられている可能性大!
人事は学歴で足切りしているとこもあるんだよーーーー
そんな貴方がどうしても大手に入りたい!とかいうのだったら戦略が必要なんです!!

あとは就職する業界の方向性によって出身大学が左右されるって知ってた?
学閥があるんだよね。。。
地方出身だとあんまりよくわからないかもだけど、世の中いろんな壁があるのさーーー。
地方出身だととりあえず国公立大出てればOKって考えがちだけど、そうじゃない。
親が卒業後のその先のゴールを知らないことが多い気がするの。
首都圏近郊の私立大学ってかなり就職に有利なんだよね。
例えばマスコミに行きたければ某有名私大とか結構有利なの。
あと理系だったら某大学が教授推薦枠があって某有名企業に入りやすいとか。
いろいろありやす、世の中って(´・ω・`)

個人的には社会に出たら学歴そこまで関係ないと思いますが、採用は足切りのための試験。どうしてもそういうとこで人事は選別しちゃうんです。
あぁ・・・哀しい世の中だねーーー(´;ω;`)

 

②保険や税金、年金のこと

給料から厚生年金や健康保険のことって実はあんまり知らない人って多いんじゃないかなーーー?
社会人になったら給料から引かれるのって知ってたーーー?
あたしは健康保険すらあんまりよくわからなかったよぉぉぉぉぉぉーーー!
でもお金の事って生きていく上でとっても大切!!
お金とキャリアって密接に結びついているんだよーぉぉぉぉぉぉーーー!
あたしは今だから訴えたい!こういうことは義務教育で教えるべき!と。
でもあんまり国民が詳しくなっちゃうとお上が困っちゃうから教えないのかも。。。
各保険や年金のこととか税金のことはいつかまた詳しく書きたいと思いますーー(* ̄‥ ̄*)ゝ
アメリカとかでは高校生で資産運用とか勉強しちゃうYO!
の割りにはサブプライムローン問題とか起こっちゃったけどね(笑)ヒャッハーーーー
(サブプライムローン問題については興味ある人はググってね)
サラリーマンが安泰という世の中は終了すると思います。
だからこそお金のことは自分で考える必要があるのです。もしくはお金が無くてもやりたいことがあるのならば、その覚悟をする必要もあるのだと思います。

 

③大企業と中小企業の差のこと

大企業と中小企業って色々な側面で差があるって知ってた?
福利厚生とか世間からの目とか仕事の幅、教育研修とかまで全然違うんです。
大手は様々な側面において手厚いから。
特に教育面や待遇面に関してはかなり違うのーーー。
大手は丁寧に研修したりケアしたりしてくれるけど、中小はそんな余裕はない。
だからみんななるべく楽して良い思いをしたいから大手を受けたがるのーーー。
わかるわーーーーーその気持ち!
あたしは知らずに中小ばっか受けちゃったけどね(笑)
みんな賢いぜ!今の若者!!でも大手ばっかり受けて内定出ないのはもしかしたら自分を客観視出来てないからかもーーー。

とはいえ中小だって探せば良いところもあるし、その差を利用して自分を高めることだって出来る。
自分を客観視した上で、方向性を固めて、どう今後のキャリア戦略を練っていくかって大事なのーーー。。。

というわけで早い段階で自分のキャリアについて考えておくことって今の日本では大切ってことを伝えたいのです。

わたしは就職してしばらく経ってからそれに気がつき、そのことをもっと前から知っておけばしなかったような失敗をかなり重ね、今に至ります。
それはそれで受け容れて今を生きていますが、知っていたらもっと違う人生もあったかもしれません。

ってことで今の若者には日本の今の社会の仕組みを知った上で行動した方がいいではないかと伝えたかったわけです(* ̄‥ ̄*)ゝ

 

でも、今自分が何したいか分からないーーーって人も多いと思います。

 

そんな時はいろんな人に会って話しを聞いたり、いろいろなところでボランティアやアルバイトをして社会と関わることをオススメしますーー
過去の自分はそういう機会が圧倒的に少なかったです(-.-;)
いろいろな経験をすることで自分が何に向いているかわかる機会も増えるんじゃないかなーと思います。
その中で辛いことももちろんたくさん経験するでしょう。でもそれが活きてくるときが必ずあります。
辛い経験を若い段階でしたからこそ、避けられる未来もあります。

ってな訳で人生ジェットコースターなチャッキーがお送りしました!(笑)
あ、あと語学力は自分を助けるよ(笑)あたしにはないですけどwww

ちなみに韓国では国内に良い仕事がないから、語学力ある人は国外に脱出しちゃうのーー。
韓国も大手と中小の差が激しすぎて、大手に入れるまで就職浪人してる人が多いから若年層の失業率が社会問題になっとります。
(韓国では新卒至上主義ではないから、就職浪人してもみんな大手に入るまで頑張っちゃうのさ)

 

そんなキャリア問題が勃発している中で、わたしが個人的に日本が目指して欲しい未来があります。

 

それは「キャリアの自由化」です。

 

日本は特に最初に就いた職業によってその後の人生が方向付けされることも多く、キャリアチェンジが難しい世の中です。
(やろうと思えばできるけど茨の道)
だから上記のことをみんなに訴えたい・・・ううっ・・・(´;ω;`)
海外だと自分の興味が変わったという人は大学に入り直し、その後就職して新たなキャリアを積む人も多いとのこと。
新卒至上主義の日本だとそういう生き方が難しい部分があります。
もちろん経営者側の言い分もわからなくはありません。
まだ柔軟性のある若者を育てたほうがいいということも理解できるのです。
でも人間は変化する生き物です。

人材不足が叫ばれる時代、キャリアにもっと自由を持たせることも必要なんじゃないかと思うのでした。ちゃんちゃん。