36

みなさん36協定ってご存じですか?
社会人の方はご存知の方も多いと思いますが、36協定とは、労働基準法の第36条に規定されていることから、通称「サブロク協定(36協定)」と呼ばれておりまーすU。・x・)ノ

本 来は法定労働時間(1日8時間1週40時間)を超えて(延長して)労働させたり、休日に(1週1回または4週を通じて4回を下回って)労働させてしまうと 労働基準法違反となるのですが、36協定を締結して労働基準監督署に届出することによって労働基準法違反にならなくなるのですーー
なんちゅーこわい制度だ!!これじゃあ残業させられまくりじゃないか!と思ったそこのあなた!

36協定を結んでいても残業時間には上限があるのです\(;゚∇゚)/

一般的には協定を結んでいても残業を延長する場合、1週間の場合は15時間、2週間は27時間、4週間は43時間、1ヶ月で45時間、2ヶ月で81時間、3ヶ月で120時間、1年間で360時間が延長限度になります。
ちなみに、この労働基準法第36条自体に係る罰則は定められていませんが、36協定を締結しなかったり、締結した協定の範囲を超えて労働させた場合には、 同第32条から第32条の5まで若しくは第40条の労働時間又は前条の休日に関する規定に違反することになりますので、同第119条に則り、「6ヵ月以下 の懲役又は30万円以下の罰金」に処されます。

ま、残業させる場合には36協定は結んでくださいよ、ってことです。

最近ブラック企業で残業が多い企業が問題になっていますが、もし自分が該当するなーーーと思ったら会社の36協定を確認し、労働基準監督署に相談してみてくださいねー。

そのときにタイムカード、もしタイムカードがない会社の場合、メールなど継続的な長時間勤務の状態がわかる証拠をきちんともっていきましょう!証拠は大事ーーー