Road

こんにちは。yuです。

今の仕事は本当にやりたい仕事かどうか?という問題に対して、
巷でよく言われることは「お金が無限にあっても今の仕事を続ける?」ということです。

仕事をする1つの理由として、生活のため、というものがあります。
これは仕事をする上での、立派な理由の1つです。でもそれはあくまで生活のため。

仕事そのものにやりがいを感じて続けているわけではない、という意味では、
それは幸せなキャリアか?と言われると、決してそうではない、と思います。

ただ例外として、仕事は仕事。プライベートはプライベート。そう割り切っている人は、仕事=生活の手段、でもいいと思います。

でも、そうは思わない人は、今一度、立ち止まって考えてみるべきです。

自分が本当にやりたいことは何なのか?

今の仕事は生活のために続けている仕事だ、と思うのならば、
早いうちに今の仕事を辞めて、自分が本当にやりたいことにトライすることも重要だと思います。

自分のやりたいことを始めるのに早いも遅いもない、なんてよく言いますが、
これはある意味正解で、ある意味不正解だと思います。人生の舵取りは年を取るにつれ難しくなるからです。

これは、社会というシステム上に生きている以上は、仕方のないことだと思います。

社会の制約を受ける自由には、限りがあると思います。
だからこそ、先の見えない未来を恐れず、常に自分で舵取りすべきです。

そんなことを思いました。