2016年度卒から就活時期が後ろ倒しになりますね~
とは言え皆さん準備は始めていると思います。

就活と言えば自己分析。

転職活動でもそうですが、自分はどういう人間でどんなことが出来るかっていうことを客観的に分析していかなければいけない。

でもあなたは本当に客観的に自分のことを分かっていますか?

昔に比べてだいぶ緩和されているけれど日本は学歴社会

もちろん今でも日本のよき古き大手企業は哀しいかな学歴で学生を見ています。
例えばMARCH以下は書類で落とすなんてよくある話です。

でも学生は安定や福利厚生を求めて大手企業へエントリー。
どんなに優秀な学生でもMARCH以下や名の知れない大学の学生だったら即書類で不採用。

でも学生は「そんなはずじゃ!」とか「ボクにも希望があるはずだ!」とか一縷の望みをかけてまたまたエントリーしちゃうんですね。結果不採用。
→「えーい!!まだまだ!!!もういっちょ!」→不採用。
→エンドレスで繰り返し→内定GET出来ず。

(°Д°;≡°Д°;)

大手企業を目指したくなる気持ちはよーーーーく分かります。
私もそうだったので。
やっぱ福利厚生は良いし、研修も整ってるし、将来性があるし、昇給率も良いし。

でも企業が求めていない限り内定は出ません。

認めたくないけれど、自分が世間から見てどのポジションにいるかしっかり分析してみることが必要です。

Q.じゃあ有名大学ではない人はどこを狙えば内定が出やすいの?

中小企業やベンチャー企業に目を向けたことがありますか?
中小企業は新卒採用しても学生が集まらなくて困っているところも多いです。
そこを狙うのも一つの手。
意外と優良企業があったりします。
また、ベンチャーも将来性と言った意味で良いと思います。
今は小さくても将来大きくなる可能性だって十分にあり得ます。

だって某有名なR社さんやこのブログを運営している会社だって昔は小さなベンチャー企業だったのだから。
この10年で大きな企業になっています。

ちなみにこんなのもあります↓

■就職したくなる隠れ優良企業まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133597502879140101

ただ、中小やベンチャーに就職する時に気をつけたいこと。
中にはブラック企業も存在しています。
ベンチャーや中小だからという理由で人をむげに扱っていいはずがありません。
人を大切にする姿勢がある企業を選びましょう。
また、ベンチャーや中小に就職した後もその会社に捕らわれず、外部の人と積極的に交流を持つことをオススメします。特に新人さんは最初の会社のやり方に捕らわれやすくなります。井の中の蛙にならないように外部の情報も得ておきましょう。

それでもどーーーしても新卒で大手に入社したい方。
世の中には学歴関係なく、入社させてくれる大手企業もあります。
ただし、その人がこれまでこういうことをやって魅力的な人物で企業にとって私を雇ったらこういうメリットがありますよ、ときちんと企業にプレゼンする必要があります。
学 生時代起業してますよー、とかこうこうこういう仮説を組み立て実行したところ投資に成功し続けていますよ-、とか。それがメディアで有名になっていたりす るとなお良し。そういう面白いことをやってましたって言う人はもしかしたら内定がGETできるかもしれません。←ここまでやるともはや企業に頼らなくても いい気もしますが(笑)
比較的マスコミ関係などはあまり学歴ばかりに捕らわれていないように思います。

また、最初はベンチャーや中小で修行をして大手企業へ転職している人は結構いらっしゃいます!
もちろん中途採用でも学歴は見られますが、新卒時よりも社会人になってからどれだけ成果を上げたかを見られるのが中途採用。
チャンスはゴロゴロ転がっていますよ!
新卒で大手に入れなかったからといって諦める無かれ!!

と、ここまで書きましたが個人的には必ずしも大手企業に入ることが絶対だとは考えていません。
近頃では有名大学を出ても起業するために非正規で敢えて働く人もいるくらい。

こんなプロジェクトもあります。
ゆるい就職
http://yurushu.jp/

海外では日本のように新卒至上主義ではありません。
いろいろ仕事してみてからどの仕事をするか決めるようです。
また大人になってからやりたいことが見つかって大学に入り直す人も結構います。

生き方は人それぞれ。

じっくり自分を振り返って自分はどんな人間か、どんなふうに生きたいか考えてみましょう。