外資

グローバル化が進んでいるとは言え日本人は英語をしゃべれる人も少なく、まだまだ海外への抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな中英語もしゃべれないのに外資系企業で何も知らずに勤務してしまった私が外資系企業と日系企業との違いをお伝えします(笑)

①人事権は人事部じゃなくて各部署のマネージャーが持っている!

日本の企業だと誰を採用するか、解雇するかなど人事部が決裁権をもっていたりします。ところがどっこい外資系企業では各部署のマネージャーが人事権をもっています。外資の人事はあくまで人事関係に関する事務や会社の人事関係の整備を行ったりする仕事がメインです。

 

②仕事の分担が明確である

日本の企業だとあまり明確な仕事の役割分担がなかったりするのですが、外資系は同じ部署でもそれぞれ個人の仕事がはっきり分けられており、他人の仕事を手伝うという習慣はあまりありません。
とは言え外資といえども日本にあって日本人が働いているので、会社によってはお互い手伝ったりすることも多々あるようです。私が勤めていた外資系企業は役割分担が日本企業よりも曖昧でそれは大変でしたが・・・いろんな仕事をしていました(笑)

 

③新卒の教育研修があまりない?!

新 卒からプロとしての仕事を求められる外資系企業。それ故日系企業のように新人研修があまりないようです・・・。海外では学生時代からインターンとして企業 で働いていることが多いため、そのまま新卒で入社しても新人研修があまりないのかもしれません。韓国だと大学を休学してまでインターンをして実績を作らな いと入社出来ないという話もあるくらい。
最近では日本企業でもインターンが多く行われていますが、海外のようにがっつり働かせる訳ではないのでやはり新卒での研修は必須なのかもしれません。
外資系では自分で向上心を持ち、磨いていく根性がないと新卒で入社しても大変なのかも。
もちろん外資系全てが研修が全くないわけではないのでご安心を。某アメリカ系大企業ではしっかりと研修やキャリアコンサルティングが行われていたそうです。

ちなみに日本の大企業できちんと研修を受けた人間が外資系で勤務した人の評価は海外からも高いそう。うーん、研修はやっぱり必要なのかもしれませんね~

 

④外資系はスーパー能力主義!?

外資の中でもアメリカ系企業のほうがヨーロッパ系企業よりも能力主義でしょう。
ただ最近では日本でも終身雇用制度が崩壊し能力主義が取り入れられています。
もはやどこでも能力主義には違いありません・・・。
特に日系のベンチャー企業は厳しいですよ!(私も経験済み)
それでも日系企業がマイルドだと言われているのはきっと日本の法律も影響しているのでしょう。
日本では正社員に対する解雇の要件が厳しく、解雇には様々な条件が必要です。
海外ですと日本よりも緩いようですぐに人を解雇してしまうのですが、解雇されても転職回数を日本ほど厳しく気にしない国が多いので、企業が求める能力と合致すれば採用されてしまうわけです。
日本も能力主義を入れたら、それと同時に転職を悪いとする考えを改める方向に変わっていかないと失業者にとってますます厳しい世の中になりますよね・・・。最近ではだいぶ変わってきたようですが、大企業を中心にまだまだこの考えは根強く生きているようです。

イタリアでは一生のうちに20回以上転職することが結構あるそう。
羨ましい(笑)

 

⑤外資系では英語力は必須!?

会社にもよりますが、もちろんあった方がいいでしょう。
特にマネージャークラスは海外とのやり取りが当たり前なので英語力は必須です。
会社によっては英語がしゃべれなくても普通に仕事が出来ちゃいます。
だって日本にあって日本人が働いているんだもの(笑)
そして仕事自体の能力はあんまりなくても英語が達者というだけで外国人のマネージャーに気に入られ昇進して部下を悩ませる人材も多くいます・・・。
英語も出来て仕事も出来る人間になりたいものです。。。

 

⑥何で外資系企業はお給料がそんなに高いの!?

企業にももちろんよりますが。外資系企業は日系と比べてお給料が良い所が多々あります。
(全ての企業ではないですが)
よく外資金融の企業は1000万以上は貰っていると聞きますよね。

それは何故か?

海外では2、3年で転職する人が多く、退職金制度も無いところが多い。
よって通常のお給料+退職金分が普段のお給料で支払われている感覚なのかもしれません。
ち なみに外資は契約の概念が発達しているので、転職組は最初の入社時に契約した金額からなかなか昇給しないところもあるよう。それはやはり数年で転職するの が当たり前という海外の風土からきているのでしょう。日系企業の昇給率と比べると外資よりも日系企業のほうが遙かに良い場合があります。ただこれも会社に よるので、目標を達成した場合多くのボーナスと昇給が与えられる企業もあるようです。

ちなみに知人は某外資系企業の貿易事務職で年俸750万円、秘書で800万円とか貰っていたそう・・・
バブリー・・・

とまあこんな感じで外資と日系の違いをまとめてみましたがいかがだったでしょうか?
とはいえ会社によって本当に違う場合があるのできちんとリサーチして転職は慎重に行って下さいね(笑)