中途採用担当として、日々採用活動を行っているチャッキーです。

採用活動をする際に、採用手段のひとつとして人材紹介会社にお願いすることがあります。たくさんの人材紹介会社が存在する中で、やはり良い人材紹介エージェントとそうでないところに分かれてきます。

企業側の採用担当から見た、転職活動をする際に登録しておいた方が良いエージェントとその理由をご紹介いたします。

①リクルートさん

なんといっても業界最大手です。

企業側もこの企業とお付き合いすることが多いのではないでしょうか?

では何故この会社に企業は求人依頼をするのか。それは、この会社が圧倒的に求職者の登録数が多いからです。登録数が多ければ、より条件に合致した人材を紹介してくれる可能性が高いと企業側も考えています。

②DODA(パーソルさん)

こちらは業界二番手の紹介会社です。こちらも求職者の登録数が多いので企業が求人依頼をすることが多いです。

そしてこの企業は割と柔軟性があるので、企業側も付き合いやすい側面があります。
一旦はこの2つに登録をしておくと良いかもしれません。

あとは各人材紹介会社ごとに職種や業界に特化していることが多いです。
コーポレート系に強いところや、外資系に強いところ、ITに強いところなど様々です。

行きたい業界や職種がある方は、特化型のエージェントに登録することも良いでしょう。

ただし、人材紹介会社の中の担当でも、仕事が出来る人とそうでない人がいるので要注意です。特に小さな人材紹介会社に登録した際は気をつけましょう。

大手人材紹介会社は、面接時のデータを常に収集しているので、書類選考が通過して面接を行う際、面接前には、どういった人が面接官か、どのような質問が聞かれるか、予め教えてくれます。それによって受ける側も対策が可能です。ただ、小さい紹介会社であまり仕事が出来ない人材紹介エージェントだと、面接官情報や交渉などほとんどやってくれず、伝書鳩のような状態です。

「最終面接の面接官は、◯◯部門の◯◯部長です。◯◯の傾向があるので、きちんと対策してきてくださいね。」

エージェントから、面接や面接官についての情報提供がされない場合、そのエージェントはちょっと頼りないかもしれません。通常、仕事ができるエージェントは、面接が決まった段階で、面接官情報を事前に人事からヒアリングするからです。

運悪くそのようなエージェントに会ってしまった場合は、自ら面接官情報などについてエージェントを通して、面接官について情報を入手しましょう。
どんなタイプの面接官か、面接官の肩書がわかっただけでも心構えが変わってくるはずです。

また、基本的に仕事が出来ないエージェントは、言われたことをそのまま伝えてしまう傾向があるので、エージェントを自分がコントロールする気持ちでやり取りすると良いと思います・・・(エージェントが介する意味がなくなってしまうかもしれませんが・・・)エージェントが頼りない方だった場合、自分の言った言葉が、そのまま人事に伝わっても問題ないようにエージェントにはお話しましょう。

また、面接後、面接の感想を聞かれたり入力するアンケートのようなものがある場合もあるかと思います。あれ、実はそのまま企業の人事に伝わっているケースが多いのです。。。企業側に見られるものだと思って記入しましょうね・・・

今や人材紹介 会社は、平成27年の時点で 18,457社も存在していると言われています。
皆さん売り手市場とはいえ、人材紹介会社をうまく使って転職しましょうねー!