優秀な人材エージェントの見分け方

中途採用担当として、日々採用活動を行っているチャッキーです。

採用活動をする際に、採用手段のひとつとして人材紹介会社にお願いすることがあります。たくさんの人材紹介会社が存在する中で、やはり良い人材紹介会社とそうでないところに分かれてきます。

企業側の採用担当から見た、転職活動をする際に登録しておいた方が良いエージェントとその理由をご紹介しまーす!あとは、優秀なエージェントさんの見分け方も少しご紹介。

①リクルートさん(リクルートエージェント)

なんといっても業界最大手です。
企業側もこの企業とお付き合いすることが多いのではないでしょうか?

では何故この会社に企業は求人依頼をするのか。
それは、この会社が圧倒的に求職者の登録数が多いからです。登録数が多ければ、より条件に合致した人材を紹介してくれる可能性が高いと企業側も考えています。
だからこそ求職者側もリクルート系列のサービスには登録したほうが、より多くの案件を見ることができます。特に大手企業を狙う人は必ず登録したほうが良いでしょう。ただし、スペックが低かったり、年齢が高すぎると登録を拒否されることもしばしばあります(泣)

リクルートエージェント

②DODA(パーソルキャリアさん)

深田恭子さんのCMでお馴染みの人材紹介会社さんです。こちらも求職者の登録数が多いので企業が求人依頼をすることが多いです。

そしてこの企業は割と柔軟性があるので、企業側も付き合いやすい側面があり、求人の際は依頼しています。

DODA

転職する際はひとまずこれらの大手人材紹介会社には登録することをおすすめします。あとはマイナビ転職エージェントあたりでしょうか。。。何故ならば、求人の案件数が多く、求人の取りこぼしを少なくすることが出来るからです。また、職種も幅広く対応しています。

大手に登録した後は、自分が希望する職種や業界に特化しているところに登録すると良いでしょう。
コーポレート系に強いところや、外資系に強いところ、ITに強いところなどいろいろあります!数多の人材紹介会社がありますが、各特色ごとにちょこっと紹介。

✓コーポレート系に強い人材紹介会社

MS-Japan
管理部門転職エージェントです。この会社自体も上場しています。士業の方にもオススメ。

Spring(アデコ)
アデコの人材紹介部門です。全ての職種はカバーしているようですが、特にコーポレート系で強みがあります。

✓外資系強い人材紹介会社

LinkedIn
こちらは転職エージェントではないですが、外資系を目指すならぜひ登録しておきたいビジネス特化型SNSです。外資系企業も数多く利用しているので、スカウトが来る可能性が非常に高いです。海外では名刺代わりのようなものです。

Hays
バイリンガル人材に強みを持つ人材紹介会社です。コンサルタントもバイリンガルの方が多いです。

ランスタッド
世界中に展開しているグローバル人材紹介会社。会社自体はブルーカラーからホワイトカラーまで幅広く対応しています。

外資系に強い企業はその他にもMichaelPageさんとかJACリクルートメントさん(特に高年収層に特化)とかいろいろありすぎて紹介できません。。。

✓IT系に強い人材紹介会社

@Type

幅広い職種に対応はしていますが、ITエンジニアの登録比率が他社と比較して少し高めです。

レバテックキャリア
利用者実績107,000人のIT界では人気エージェント。

IT系もたくさんエージェントがありすぎて紹介出来ないですが、サイト登録型だとGreenなんかも良いと思います。

✓ベンチャー、スタートアップ

キープレーヤーズ

スタートアップに強いです。非公開求人も多数扱っている模様。私の同僚もここを利用して転職しました。

Wantedly

人材紹介会社ではないけれど、ベンチャー・スタートアップ狙いの方はここには登録しておくと良いかと思います☆ベンチャー・スタートアップ企業はここを利用して募集することが多いです。

これらの企業は有名所ではありますが、もっと小さい人材紹介会社も多々ありますし、コンサルタントのレベルも千差万別です。小さい人材紹介会社は、コンサルタントが企業人事とのコネクションがきちんと出来ているか、がポイントです。たまに独自のコネを持つ小さな紹介会社もあります。

▶良いコンサルタントとは?

大手人材紹介会社は、面接時のデータを常に収集しているので、書類選考が通過して面接を行う前には、どういった人が面接官か、どのような質問が聞かれるかを予め教えてくれます。それによって受ける側も対策が可能です。

ただ、小さい紹介会社で且つあまり仕事が出来ないコンサルタントだと、面接官情報や交渉などほとんどやってくれず、伝書鳩のような状態です。

担当コンサルタントから、面接や面接官についての情報提供がされない場合、そのコンサルタントはちょっと頼りないかもしれません。。。通常、仕事ができるコンサルタントは、面接が決まった段階で、面接官情報を事前に人事からヒアリングするからです。

運悪くそのようなコンサルタントに会ってしまった場合は、自ら面接官情報などについてコンサルタントを通して情報を入手しましょう。
どんなタイプの面接官か、過去どんな質問の傾向があったのか、面接官の肩書がわかっただけでも心構えが変わってくるはずです。

また、基本的に仕事が出来ないコンサルタントは、言われたことをそのまま伝えてしまう傾向があるので、コンサルタントを自分がコントロールする気持ちでやり取りすると良いと思います。(コンサルタントが介する意味がなくなってしまいますが。)自分の言った言葉がそのまま人事に伝わってしまう可能性もあるので、そうなった場合も問題ないように、コンサルタントに依頼すると良いと思います。

無事面接が終わった後、面接の感想を聞かれたり入力するアンケートのようなものがあるケースもあるかと思います。あれ、実はそのまま企業の人事に伝わっているケースが多いのです…企業側に見られるものだと思って記入しましょうね。

今や人材紹介 会社は、平成27年の時点で 18,457社も存在していると言われています。売り手市場とはいえ、その分数多の人材紹介会社が存在しますし、レベルもそれぞれまったく異なります。
求職者側も上手く利用しながら転職活動を進めていきましょうね!

ちなみに運悪くダメコンサルタントが担当になってしまったそこの貴方!

実は担当を変更することが出来るのです。

本人に直接変更を申し出るのではなく、サイトの問い合わせフォームみたいなところがあるので、そこから変更依頼をすることが出来ますよ。もちろん本人には言いづらいだろうから、そういった機能を上手く活用してみましょう!こちとら人生かかってるんじゃー!!ヽ(`Д´#)ノ

★キャリアに関するご相談・お問い合わせはこちら★
http://careefit.com/personal
宜しければシェアをお願いします!