今日は東日本大震災から7年です。
当時私は実家がある岩手県で術後療養中でした。

こたつで昼寝をしていたところ、ゴォーーーーーーーという地響きがしたかと思うと、ものすごい揺れが襲ってきたのでした。我が家にある、数キロはあろう七福神の置物が宙を舞い、私に向かって七福神が突進してきたのを、映画マトリックスの主人公のように何故か避けれた気がします・・・(=゚ω゚)ノ
大した運動神経がない私がよく避けれたな・・・

幸い私の実家は秋田県寄りのため海がなく、津波の被害はありませんでした。
とはいえ、この震災でたくさんの人が亡くなりました。

命も人生も限りあるものだなって知らされる出来事でもありました。

永遠なんてありません。

人生は有限なのです。

震災の他にも、私は手術をしました。

重い話なのであまり人様には言いませんでしたが、有効な治療法が確立されていない感染症にかかり、医者に「このまま放っておくとあと7、8年くらいしか生きられないよ」とまで言われました。現に同じ感染症で手術をした患者が、手遅れもあり数人亡くなっていました。
このときも命も人生も時間も全てが有限だと感じました。
永遠なんてないのです。

このときの私はすごくストレスを抱え、我慢した生活を続けていました。
でも、病気で手術をした後、過度な我慢はしなくなりました。

だって人生は有限だから。

限りある人生を幸せに生きたほうが良い。

辛いことを続ける必要はないし、過度な我慢をする必要もない。
それを続けたところで、幸せを感じることができるだろうか?
答えはNoです。

自分が対外的に評価されたいためだけに頑張り続けることは、幸せですか?
〜すべき、〜しなければならない、それって本当ですか?

もちろん、生活を維持するためにある程度我慢することも多少なりともあると思います。
ただ、度を越した我慢をし続けることで幸せになれるとも思いません。

だからこそ、1日の中で少しずつ幸せに感じる時間を増やして欲しいと思います。
美味しいご飯を家族と一緒に食べる時間、あったかい布団で寝る時間、家族や動物と触れ合う時間、趣味に没頭する時間、小さくても自分が幸せを感じる時間を増やしていって欲しいと思います。

限りある時間をぜひ幸せになるために使って欲しいと思います。

ちなみに私は、家族と美味しいご飯を食べて、おしゃべりして、銭湯行って、猫にちょっかいを出す日常が幸せです。そんな生活を維持するために働いていますー。(今は幸運にも手術も成功して、元気ですよー)

というわけで、今日はおしまい。。。