地方で働く準備は大丈夫?地方就職の現実

この前GWに久々に地元に帰省をしました。
私の地元は東北地方なのですが、帰省の度に、昔あったお店が潰れてなくなっております…(ノω・、) ウゥ・・・

正直、元気がない、というか企業にも家庭にもお金がないのでしょうね…

友人の実家の店もなくなっていて心配になります。

厳しい言い方かもしれませんが、もし将来地方の地元で安定して働きたいのならば、公務員、教員、銀行員、専門職(医師、看護師、弁護士、会計士、税理士など)を見据えて資格を取得するなり、勉強しておくことを全力でオススメしたいと思います。
夢がないことを言うなあと言われるのはわかってはいますが、正直現実は厳しいと思うのです。

額面12万円の求人はザラ、車もなければ生きていけないので、車の購入、維持費を引くと手元に残るのは少ない。額面12万だとすれば手取りは10万円をを余裕で切ります。ともすると正社員より時給で長く働けるアルバイトの方がいいいでしょう。以前実家に戻ろうと転職活動したらリアルにこんな感じでした。
ちなみに地方企業は転職サイトに求人を記載する財力がないので、大手転職サイトにはほとんど求人は出ていません。専ら掲載無料のハローワークで求職活動をすることになります。

工場勤務の求人も多々ありますが、工場もいつ何時なくなるかわかりません。。。
親元に残りたいがために地元の工場へ就職したにも関わらず、親会社の意向で工場がなくなり、別の地域への転勤をさせられる人も多々見ています。もしくは大手企業の地方の支店を狙うのも手ですが、やはり転勤の可能性は否めません。

家が農家でサラリーマンと兼業出来るならば、生活できる可能性は高いかと思われます。

そして、実は地方は家賃は安いのですが、物価はそこまで安くありません。
北国だと暖房費もバカにならない。。。
南国ならばクーラーがなければ厳しい。。。

それが地方の現実なのです。

昔は自営業が多く個人店でも繁盛していたそうです。
私の祖母も美容室を開業し、月100万稼いでいたこともあったそう。
でも今はどうでしょう。
地方でも高年収だった時代はとうに過ぎ去ったのです。

とはいえ、それでも地方に戻りたいという人は必ずいるでしょう。
そんな人こそエンジニアや医療、専門職の資格を取得するなどで手に職をつけたり、副業のスキルが必要だと強く思います。
将来的に地方で働きたい、戻りたい人は若い段階でいろいろと準備をしてから戻るべきです。無計画にUターンすることは実家が裕福でない限り無謀に等しいと言わざるを得ません。(実家に財産があるならば別ですが)

看護師ならば、県立の総合病院だと月収30万円くらいの収入は見込めます。実際に私の友人は30代でそのくらい稼いでおります。
教員も40歳を過ぎれば地方でも年収500万円の人も普通にいます。
だからこそ、そのために資格を取得したり、早い段階で準備が必要なのです。
(士業で独立するなら人脈形成も必須だよ)

もし仮に若くなく資格も取れないまま、それでも止むを得ず戻らなければならなかったり、気持ち的にどうしても戻りたい人は、

インターネットで出来る仕事を探しましょう。
もしくは自分で確立し、事前にマネタイズしてから戻りましょう。

最近在宅勤務が流行りですが、在宅勤務(リモートワーク)の求人サイトがあるのはご存知でしょうか?

Praft(パラフト)

私も実際応募してみたことがありますが、本当に場所を選ばず働ける求人があります。上記の職種以外にも、エンジニア(開発系)やデザイナーの実績がある人は上記サイトを使用して在宅勤務でのUターンには非常に有利。ただしこれらの職種には経験と実績が必要。。。
在宅勤務をする人間に企業は即戦力を求める傾向があります。ある程度経験を積んでから仕事を得て移住するのが理想でしょうね。

また、ココナラなどのネット販売のサイトで地道に稼いだりするのも一つの方法です。

【ココナラ】

【タイムチケット】


他にもブログを書いてアフィリエイトやGoogleAdsenseなどで広告収入を得るのもいいかもしれませんね(^-^*)/(継続するのが大変だけど)
でも、これらに共通しているのは、

すぐにお金にならないことです!

どれもきちんと土台を作らないとお金になりません…。それまでに数ヶ月や年単位でかかるのはザラなのです…。ですので、副業できちんとマネタイズ出来る道筋が出来てから戻ったほうが良いことは間違いありません。。。

場所を選ばず仕事をしていけることは理想です。

でも、生きてご飯を食べていくためにも、移住は計画的に!

世の中そんなに甘くはないのです…∈(´Д`)∋アァー

生きる場所を、もう一度選ぶ 移住した23人の選択(しごとのわ)

中古価格
¥1,815から
(2017/5/30 12:27時点)


★キャリアに関するご相談・お問い合わせはこちら★
http://careefit.com/personal
宜しければシェアをお願いします!

Be the first to comment

Leave a Reply