街で新入社員や就活生を多く見かける季節ですねぇ・・・
私にもあんな若かりし頃が・・・(遠い目)

あのとき大手企業に入っていれば人生違っただろうに・・・と何回も思ったことがあるチャッキーです、こんにちは。

わたしの場合は適当に就活をして、大手企業も中小企業やベンチャーの違いもよくわからないまま、新卒で離職率がすごい中小企業に入っちゃいました☆この前当時の同期と久々に飲んだら、当時30人くらいいた新卒が今や数人しか残っていないっぽい。。。

オーマイガッッ!!(´Д` )

とはいえもちろん中小企業やベンチャーにだって良い企業はたくさんあるのですが、
大手に行きたくなる気持ちも十分わかります。

だって福利厚生や社内整備のされ方や研修、人間関係が中小やベンチャーと違って全っ然違います!

たとえ自分が何も考えず大学選びをしてしまって無名な大学に入っちゃったからって、大手に挑戦したくなる気持ちはわかるよぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!

そんなあなたに、無名大学でも入りやすい業界をご紹介☆

・Web業界
サイ◯ーエージェントさんとか楽◯さんとか。とは言え、大手だけど仕事は厳しく、残業は多め。穏やかな職場というより、Webは技術革新が早いのでかなりのスピード感が求められます。。。

・広告業界
電◯、博◯堂はあたりは難しいかもしれないが、可能性はゼロではない。中途ではあまり大学名は気にされない。東◯エージェンシーなどもエントリーしてもOKかと!ただし、この業界もスピード感が早く、仕事量も多めなのでのんびりは働けない。

・人材業界
リ◯ルートあたりもそこまで大学は気にしない。ただ、この業界は闇が深い。特に人を派遣する部門。なぜなら人が商品だから。

ただ、いわゆる古き良き日本の商社系やメーカー系の大手企業はもちろん大学フィルターがあるので、正直大学ブランドが低い大学の人にはオススメしません。とはいえ受けることはタダなので、チャレンジしてみても良いと思います☆

ただし、エントリーしただけでもちろん受かるわけではありません!
周りには当然のごとく有名大学生がゴロゴロ。
そこで、書類を書くときや面接のときには下記に気をつけて受けて欲しいと思います。

■ PDCAを意識した文章、しゃべり方をする

PDCAとはP(Plan計画),D(Do実行),C(Check確認),A(Action改善)の略で、ビジネスシーンでもよく使われます。

よくエントリーシートや質問で「学生時代頑張ったことは何ですか?」(イ◯ンのエントリーシートでもありましたな・・・)
という質問があります。そういった場合、

私はコンビニのアルバイトを頑張りました。(結論。結論から述べるクセをつけておきましょう)私の勤めるコンビニは住宅街の奥にあり、正直あまり売上はない店舗でした。最初はただレジ打ちのみを行っていたのですが、そのうちお客様のある傾向に気がつきました。その店舗はシニアのお客様が多く、大福といった和菓子や野菜が多く売れることに気がついたのです。その店舗から最寄りのスーパーまで1km弱あり、近隣に住んでいらっしゃるシニアの方がそのスーパーまで買い物に行くことが困難なため、私が勤めるコンビニに買い物に来ていたのです。根拠。根拠となる、自分が実際に体験した具体的なエピソードはかなり重要です。)そこで私は、レジ打ちをしながら、どのお客様がどのような商品を買っていったかメモをし、商品の売れ筋の傾向をまとめました。それを元にオーナーにシニア向けの商品の仕入れの提案をしました。また、シニアの方が見やすいように、POPを大きな文字で作成することも合わせて提案をしました。(計画)その提案が採用され、実際に仕入れやPOPの作成を行ったところ、(実行)売上が徐々に伸び始め、半年後に売上が前年の同じ月の1.5倍にすることに成功しました。(確認)更に、今後は新規の顧客を呼ぶべく、近隣のシニア向けにチラシを制作し、配布することでシニアに優しい地域密着型店舗としての認知を高めていきたいと思います。(改善)

といった形にまとめましょう。内容は誰しもが経験したような内容かもしれません。
企業は「世界一周旅行」のような大それた経験を求めているのではなく、こういった身近なことでも問題に気づき、原因を探り、解決できる能力があるかどうか、ということを見極めたいのです!

 

これができるようになれば、就職してからも仕事でかなり役立つと思います!
(そういう私も出来ていないときは多々あるけどね・・・)
とは言え、このように記載したり面接をしたからといって、やはり落ちてしまうことだってあります・・・
面接官もやはり人なので、主観は入ってしまうのです。
このような問題解決能力を見ていることもありますが、社風に合うかどうかで見ているケースも多いです。
ですので、落ちたからといって諦めずにひたすら受けまくりましょう!

新卒入社時に限らず、中途採用でも会社見学のつもりで私も80社くらいエントリーすることもあります。
たまにびっくりする大手の書類を通過することも。。。
企業ってどこで判断しているかは企業によって違います。

諦めず、ぜひ頑張ってみてくださいね♪

最近は新卒紹介のエージェントやオンラインでの添削指導サービスもあります。

https://coconala.com/services/103958

あまり自信のない方や、なかなか内定が出ない方はこういったサービスを利用してみるのも良いかもしれませんね♪